事例紹介 Our Network

HOME > 事例紹介

プロが集う。困った! どうすればいいんだろう?「削る」「磨く」「切る」ことなら、何でもご相談ください。私たちは現場の視点から課題解決の新しい方法・仕組みを見つけ、提案するプロ集団です。

販売店様と一緒にユーザー様への活動を積極展開

菱和の営業の基本は、販売店様を通じユーザー様の課題に応え、よりよい商品やシステムの導入を進めること。販売店様とふだん顔を合わせている中で、ユーザー様のさまざまな課題を見つけ、その解決につながる提案を行います。もちろん、販売店様からの依頼により、ユーザー様への訪問活動も積極的に展開。各種素材や加工に最適な商品やシステムなどを知りつくし、現場での悩みに的確に対応します。日々の提案だけでなく、新しい商品や使い方などの紹介を行う講習会/説明会などを実施するなど、情報/知識の提供活動を重視しています。

メーカーとお客様をつなぐパイプ役として…

日本レヂボン直系の専門商社である菱和は、日本レヂボンの開発会議に出席するなど、お客様の悩みや課題を製品の改善や開発につなげる役割を果たしています。また、日本レヂボン以外のメーカーとも太いパイプを持ち、メーカーの担当者とともに現場を訪問し、機械や工具にマッチした試作品をつくって課題解決に取り組む活動なども行っています。ユーザー様への活動を積極展開して、ユーザー様の課題解決をはかることで販売店様のお役に立ち、販売店様/ユーザー様とともに発展していく。それが菱和の営業スタイルです。

「プロ」を育て、お客様の期待に応える。

これらの活動を支えるのが、充実した人材育成。新人研修はもちろん、中堅社員研修や日本レヂボン工場研修、全社研修などの計画的な研修により、日本レヂボンをはじめ各社の商品、業界等についての知識をレベルアップ。実技を含めた研修で、お客様の期待に応える人材育成に努めています。

ユーザー情報・業界情報を共有し、営業活動に活かしています。

商社の命は情報です。専門商社ならではの深い専門知識にプラスして、メーカーも知らない作業現場のニーズを知り、最適商品を提案する。ユーザー様に喜んでいただき、販売店様の営業にも役立つ。そこに私たち菱和の存在価値があります。業界の最新技術や商品などの動向にアンテナを張り、販売店様/ユーザー様につねに最新情報を提供できるようにするとともに、ユーザー様の課題やニーズ、商品への評価などの情報を共有し、つねに新しい提案ができるように取り組んでいます。
また、受発注や納品など、お客様の要望にノンストップで対応できることは、商社としての基本です。私たちは個人プレイではなく、組織としての顧客対応を徹底し、お客様の信頼を高めていきたいと考えています。

ユーザー様への活動を通じ、その悩みに応えるために独自開発した、鉄骨黒皮はがしの必携工具「ローラーサンダー」

新しいメーカーや商品の発掘、企画提案に取り組んでいます。

営業本部ではお客様情報の共有や販売キャンペーンの企画など、支店・営業所での活動をサポートするとともに、取扱商品の拡大と更なるユーザー開拓のため新しいメーカーや商品を発掘し、ユーザー様への提案開発を行っています。
たとえば米国のコーテック社製防錆製品に着目し、工作機械保持工具メーカーへの提案を実施。他社防錆製品との性能比較テストを行った結果、大きな改善効果が認められ、新製品から採用する事となり納入に結びつけました。同製品はお客様の大切な製品を錆から守り、生産性向上、防錆保護、品質向上に寄与し先行投資した結果、コスト削減になったと喜ばれ、全社取扱い品へと展開しています。

コーテック社製防錆製品

精密機器組み立て分野への新しい取り組みを積極的に推進しています。

当社ではモノづくりの現場へのよりよいソリューションを提供するために、異業種分野への取り組みも積極的に進めています。その代表的な取り組みが、精密電気機器メーカー「ハイオス」が開発した「カーボンブラシレスドライバー」の提案・販売活動です。
従来のブラシ付きドライバーはカーボンブラシ等の消耗部品の摩耗により性能の劣化、動作の安定性などで問題を抱えていました。また、カーボン粒子の排出による作業環境の悪化の問題もありました。これらの問題へのソリューションとして開発されたのが、ハイオスの「カーボンブラシレスドライバー」。確実なネジ締めとともに、ドライバーの定期点検・定期交換をほぼ不要にし、お客様に精密機器組み立ての生産性向上・品質向上を実現できたと喜ばれています。

ブラシレス=^温度上昇(BL/VBシリーズ)約30%削減/消費電力(VBシリーズ)エネルギー約50%削減/ノイズ・電波障害(BLシリーズ)ピーク値64・5%削減 ※数値は(株)ハイオスによる

このページのトップへ

お気軽にお問い合わせください。各お問い合わせはこちら お問い合わせ先